iPhone水没からの復活まで

iPhone水没させてしまった場合どのように復活させればよいのか? - iPhone水没からの復活まで

iPhone水没からの復活まで

ewjtjytd
ちょっとした不注意やミスによって、iPhoneを水没させてしまうケースは非常に多いです。
もしも、iPhone水没をしてしまった場合、どのように対処をして、どうすれば復活させることができるのでしょうか?

まずは最初の対処をしっかりと行う

水没したiPhoneを復活させたいのであれば、まずは最初の対処をしっかりと行わないといけません。
この対処を間違えてしまうと、復活する可能性が極めて低くなってしまうのです。
例えば、多くの人はiPhoneを乾かさないといけないと思うでしょうが、それによってドライヤーや電子レンジを使用したりしてしまうと、完全に修理不能な状態になりかねないのです。
乾燥剤の使用に関しても、成功例と失敗例があったりするので、使用は慎重になるべきだと言えます。
いずれにしても、まずは電源をすぐに落とし、付属品などは全て取り外すようにしましょう。
もちろん、SIMカードに関してもすぐに取り出すようにして、しっかりとティッシュやタオルなどで水を拭き取るようにしましょう。
また、表面部分だでなく、端子部分に関しても水が入り込んでいるわけですから、隅々までしっかりと拭き取ってください。
あとは、iPhoneをしっかりとティッシュやタオルで包むようにして、袋の中に入れて温かい場所でしっかりと乾かしましょう。
この際、できれば専門ショップで売られているような物を使用するのが望ましいです。

乾燥させただけでも復活する可能性もありますが

tyjtukyd
数日間乾燥させて、それによって復活する可能性もあります。
その場合は、電源を入れて確認をしてみて、もし電源がついた場合にはとりあえず成功となります。
ただ、数日後に電源がつかなくなったりする可能性もるので、もし必要なデータがあればしっかりとバックアップしておくようにしましょう。
さて、もし上記の対処をしても復活しない場合には、修理に出す必要があります。
ただ、最初の対処を正しく行うか否かで、修理に出して復活できるかどうかが大きく左右されるので、どちらにしても初期対処は重要なわけです。

もしiPhoneを修理に出す場合は

乾燥させても復活しない時には、もちろん修理煮出すことにはなりますが、その場合は2つの選択肢があります。
1つは、正規メーカーかもしくは正規の代理店で修理をしてもらう方法です。
もう1つは、街中にあるような修理屋に依頼をする方法です。
正規メーカーや代理店に修理してもらった場合、本体を交換することになるので、データの方が全て消去されることになります。
また、料金面も非正規よりも割高な傾向にあり、特に保証対象外の場合はかなりの金額となってしまいます。
ただ、正規メーカーや代理店であれば、安心して修理を依頼できるという利点はあるでしょう。
一方で非正規の修理屋などに依頼する場合ですが、こちらは本体を修理することになるので、データの方もそのまま残ることになります。
また、料金の方も正規メーカーよりも安い傾向にあり、保証対象外であれば確実にこちらの方が安いと言えます。
ただ、当然ですが確実に復活する保証はありませんし、また非正規であることから信頼できるお店を探す必要もあるでしょう。

iPhoneが復活してからの注意点

無事にiPhone水没から復活させることができた場合には、次からは水没させないように慎重に扱うようにしましょう。
1回目は復活しても、2回目はダメだというケースも結構多いので、同じ失敗は繰り返さないように注意をしてください。

新着情報

◆2016/05/02
iPhone水没からの復活までの情報を更新しました。
◆2016/05/02
iPhoneが水没した時に避けるべき行為の情報を更新しました。
◆2016/05/02
iPhone水没後の応急処置が非常に大切の情報を更新しました。
◆2016/04/26
会社概要を新規投稿しました。
◆2016/04/26
水没したiPhoneを修理する際の選択肢の情報を更新しました。